富士山に登ってきました

f:id:wakabam:20210729114839j:plain
2021年7月28日~29日
吉田口5合目から富士山に登ってきました。
鍼灸学校の同級生の子供の健太君とは、5年ぶりの富士登山です。
お店のお客様のオークマさんは、同年代の方たちとの山の会に入ってますが、なかなか富士山には行けないとのことなので、今回御一緒することになりました。
7合目のトモエ館で一泊して、翌朝、ご来光を見てから登り始めました。
雨にも降られず、適度に雲もあるので暑くもなく、登りやすかったです。
無事に山頂に着けて、健太君もオークマさんも喜んでくれました。
オークマさんは70歳以上なので、山頂の神社で記帳して、記念品をもらえました。

2021年ですね

2021年1月5日

f:id:wakabam:20210102142700j:plain

子の権現 仁王像

今年も年初のお参りに子の権現に行ってきました。

西吾野駅から歩いて登って、吾野駅に下りるコースでですね。

スカイツリーと同じくらいの高さにあるお寺なので、いつも人は多くいないので、

感染症予防の面でも来やすいです。

クルマでも来れるんですけど、すれ違えない箇所があったり、うかうかしてると崖下に

落っこちるとこもあるので、クルマも少ないです。

寒い年初めなので、一人できました。

クルマで母を連れてきて歩かせたいところでしたが、今回はやめときました。

コロナがこわいんだかなんだかよくわからないのですが、

今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

中山道を歩いてきました。

f:id:wakabam:20200728052028j:plain
2020.7月21~31日
感染症騒ぎで落ち着かない日々が続き、お店も大分暇になっていますので、体力を戻すためにも、気持ちのモヤモヤを振り払うためにも、たくさん歩きたいなと思いまして、以前からそのうちと思っていた
中山道歩きにでかけました。
6月と7月半ばまでの定休日を使って、日本橋から高崎までを歩き、そのさきを7月21日からの11日間の休みで歩いてきました。
碓氷峠ではヒルに咬まれるは、集中豪雨には合うは、佐久を通って和田峠に向かうころには足にマメができて痛いはで、前半から大変でした。
写真は細久手宿の大黒屋さんです。
そこの少し手前の十三峠では熊に会いました。
30m位ですかね。熊が先に気付いて唸りながら逃げてくれました。
その後、集中豪雨に合い、大黒屋さんに泊めていただいたりと、色々ありました。
お店に来ていただいた折にでもアレコレお話し出来たらと思います。
11日かけて京都の三条大橋に到着して、風景消印を押してくれる三条大橋郵便局から暑中見舞いのハガキを出してきました。
くたびれましたね。続けて歩くとダメージが蓄積することを考えていなかったです。
あと、予定に間に合わなくなって、後半チョコチョコ電車ワープしたことは内緒です。

2020年ですね

f:id:wakabam:20200103143654j:plain

1月3日(金)

令和2年ですね。

今年もよろしくお願い申し上げます。

高坂の子供自然動物園に行ってきました。

母を歩かせるのになかなかいいです。

今日も、奥のほうのカンガルーのところまで歩いてきました。

鴨川旅行

]
11月14〜15日
幸町に店舗移転してからあたふたしてましたが、落ち着いてきたので、
久しぶりに母と鴨川に旅行してきました。
鴨川シーワールドとかマザー牧場は、店のお客さんたちによく聞いたことがありますので、
一度は行ってみようということで、鴨川シーワールドホテルに、両方の入場券付のプランで予約して泊まってまいりました。
シーワールドホテルに到着すると、シャチのショウが始まるところだったので、すぐに会場の方に向かいましたが、
母がノロノロしますので、もう始まってしまっていて、さらに見物席の前の方から入っていってしまったので、
シャチにいきなり水をぶっかけられました。
シャチを近くで見るのは初めてですし、あの巨体が飛び跳ねるのは迫力でした。
ちょと芸をする度に、係りのお姉さんたちがシャチの頭をニコニコしながら撫でてやるのを、
シャチは気性が荒いというけれど、犬みたいなところがあるのかなと思いながらながめておりました。
シャチ係のお姉さんたちも、シャチの上の乗っかったり、シャチに押されてすごいスピードで水中深く潜ってから、ポーンと水面から投げ出されたり、すごいもんだと思いました。
かまれたりしないんだろうかと思いました。
シャチを見て満足してしまいましたが、アシカのショウとイルカのショウも続けて見て、それぞれ良かったです。
外海ですから、波が荒くて、ちょっと海に迫力があるせいか、
母がこんないい海見たことがないと喜んでいましたが、
やがて、冥土のみやげにいいものが見れたと言い出しましたので、
やはり、ろくなことを言わない人だなと思いました。

飯能アルプス


5月21日(日)
飯能アルプススーパートレイルに参加してきました。
一昨年、昨年に続いて3年連続になりました。
今年は、昨年末からの体調の悪さのために走れなかったり、
そんな折にDSゲームの『女神転生』にはまってしまい、
エンディングにたどり着くのに180時間かかってしまったり、
3月以降は店舗移転の手続きにあたふたしたりで、
すっかり走る体力落ちてしまいましたので、
この大会で、また走るきっかけをつかみたいと思っての参加でした。
トレラン37KMのハードなコースですから、
それこそ一番後ろの方から高麗駅を出発しました。
そのかいあって、みんな先に行ってしまったので、
全然渋滞せずにのんびりと山を歩けました。
しかし、はたと子の権現で関門の時間制限まで30分しかないことに気づき、
その後、頑張ろうとしても脚をつってしまい、
何とか先に進む状態に陥ってしまいました。
スポーツエイドジャパンの大会だから、関門なんて一応時間決めてあるだけで、
先に行けないということはないだろうと思ってましたが、
関門時間過ぎると、先に行けないということを途中で知りました。
正丸峠の関門を何とか通過し、大野峠の関門はそれこそギリギリで関門ダッシュで通過し、
最後の関門も何とかという感じでした。
その後、脚つったりしてましたら、スイーパーのお姉さんが後ろからやって来て、
最後尾を務めることになりました。
お姉さんとお話ししながら山を下り、やがて別の方にお姉さんを譲ってゴールを目指しました。
結局、10時間07分で制限時間の10時間を超えてしまいましたが、
ゴールタイムはおまけしてくれるようで、メイドさんがゴールテープを持って迎えてくれて、完走証ももらえました。
私の後にゴールした人は多分3人しかいなかったと思いますね。
暑かったし、体力的にヘボヘボでしたが、ゴール出来て自信になりました。
途中でよくお話ししたお兄さんや、ニコニコ応援してくれたエイドのお姉さんやら、
印象に残る場面もあれこれありましたし、今年もいい経験ができました。
気力と体力のバロメーターともなるので、この大会には来年以降も参加したいものです。

四万温泉


体調が悪い時があったり、お店の移転の話しで落ち着かなかったりで、
ブログのことも半ば忘れてましたが、
最近更新してないですね..と言ってくださったお客様がいらっしゃいましたので、
はたと思って、久しぶりに更新です。
4月25日と26日に母と四万温泉の積善館に泊まってきました。
千と千尋の神隠し」のモデルになった宿とのことで、重要文化財にも指定されてる宿ですね。
夕方、宿のご主人が、湯治の歴史や積善館の建物や備品の説明をしてくれる会がありまして、聞きにいきました。
昔の人たちは切実な病気治癒の目的で、はるばる湯治に来ていたようで、
明治の頃の旅姿の人たちのスライドなんかも見せてもらいました。
館内に何種類かのお風呂がありますが、
古い方の温泉は雰囲気あってまたいい感じでした。
館内は斜面に建てられた古い建物、中くらいに古い建物、新しい建物が廊下でつながってますので、
階段、廊下をテケテケ歩いて回ってますと面白かったです。
古い建物には、多分老朽化のために立ち入り禁止になっている部分があって、
立ち入り禁止の暗くなった廊下の先や階段の先を眺めてますと、何かが居るような気配でした。
温泉がそれぞれの建物にありますから、色々入ろうとするとけっこう歩きますね。
帰ってきましたら、体のダルさがとれてました。
温泉が良かったんだか、飲泉が良かったんだか、食事が良かったんだかなどと思いましたが、とにかく以外に四万温泉良かったです。
帰りに寄った足利フラワーパークも綺麗で良かったです。